Event is FINISHED

H³ 第20回:医療経営超入門

Description
~デジタル/ヘルスケア専門家が教え・学び合う超入門講座~

「医療にもAI・ビッグデータ・VR/AR・IoTが必要だ!で、これ何ができるんだっけ…?」「ヘルスケア業界に興味はあるんだけど、そもそもの医療制度が複雑で分からない…」「ヘルスケアIT/ICTで新規事業やれと言われたけど、どこから始めたら…」

巨大産業かつ課題産業であるヘルスケア業界の課題解決に向けて、デジタルテクノロジーの活用への期待が高まりつつあります。しかしながら、日本では依然としてデジタルヘルスで協業すべきヘルスケア/デジタル/ビジネス専門家が分断されがちであり、他領域の専門家と気軽に話し、学び合う場は必ずしも多くはありません。

デジタルヘルスコミュニティHealthcare Hackathon Hub(H3)では、ヘルスケア/デジタル業界のトピックを「浅く」「広く」カバーする超入門講座&ワークショップを通じて、今さら聞きにくい初級者向けの情報、専門家が紹介する効率よい勉強法、気軽に聞ける各業界の知り合いとのコミュニティ作りを支援します。

■協賛:一般社団法人 LINK-J

■場所:日本橋ライフサイエンスビル 201会議室 
    東京都中央区日本橋本町2-3-11

■定員:50名

■講師:伊藤建之(いとうたけゆき)氏 株式会社キャピタルメディカ
・2005年に財務会計系コンサルティング会社にて法的整理やM&Aを伴った再生支援業務に従事。支援先企業であった事業会社へ転生し、実行部隊として指揮を執り、2年間で黒字化を果たす。
・2009年にキャピタルメディカへ入職。医療機関に対するファイナンススキームの構築及び経営再生実務の実行まで医療機関の再生に関わる業務を幅広く経験しており、多数の実績を挙げている。現在は、マネジメントとして複数の医療機関の再生案件を管掌し、病院機関再生人材の育成や医療機関再生実務の可視化を行っている。

■当日プログラム(予定):
19:00-19:10 イントロダクション
19:10-20:50 本編 ※4-6人でのグループワークも行います
20:50-21:00 クロージング ※次回告知など

※当日は参加者全員でのグループワークを実施します
※有志で、懇親会@飲食店も企画します


(カバーするキーワード)
- 地域医療構想
- 施設基準
- 看護必要度
- 看護師配置基準
- DPC
- ICD-10
- 看取り
- クリティカルパス
- ベッドコントロール
- 地域医療連携
- ソーシャルワーカー
- かかりつけ医
- 医療過誤
- MS法人
- 地域包括支援センター
- ケアプラン
- レセプト
- 混合医療/介護


Q. 誰でも参加していいの

A. はい!ヘルスケア領域にてご自身が解決したい課題があれば誰でもご参加可能です。

第一回には、医師、医事、看護師、医学生、エンジニア、弁護士、投資家、ベンチャー起業家、大手企業の事業開発担当など多様なバックグラウンドをもつ参加者が集いました。

また、互いに教え・学び合う全員参加型のコミュニティとなります。

この場を活用いただき、積極的に他参加者と関わって新しい価値を生み出して下さい!


Q. どのくらいの頻度で開催するの

関係者・会場のスケジュール次第ですが、原則として月1回毎月第三木曜夜に開催予定です。


Q. 参加費はかかるの

はい!主催者チームが手弁当で運営しているコミュニティのため、会場費・講師料・その他雑費相当額として、お一人当たり1,000/回をお願いしています。


Q. どうしても都合がつかない日程があるんだけど / 地方在住なんだけど

当日資料はSlideshareにて全て公開予定ですので、随時フォローアップ下さい。また、Healthcare Hackathon HubFacebook Pagehttps://www.facebook.com/healthcarehackathonhub)からFacebook Liveによる生放送を視聴いただき、遠隔でQ&Aに参加することも可能です(※グループワークへの参加はできませんので、ご都合つく方は会場へぜひお越し下さいませ)



Thu Feb 21, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
通常 SOLD OUT ¥1,000
学生/院生 SOLD OUT ¥500
Venue Address
東京都中央区日本橋本町2-3-11 Japan
Organizer
H³ - Healthcare Hackathon Hub
577 Followers

[PR] Recommended information